公正証書遺言、遺産相続、任意後見、許認可の取得のことなら加古川の行政書士 アイオ事務所へ

建設業における産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物の処理責任は、それを発生させた事業者にあるのが原則です(排出事業者責任)。

 

建設業においては、工事に伴い発生した産業廃棄物の処理責任は、元請業者にあり、排出事業者が元請業者となります。
元請業者が、自らの責任において産業廃棄物を適正に収集運搬し処理する場合には、産業廃棄物を収集運搬業の許可は必要とされません。

 

しかし、その建設工事を請け負った下請事業者が、許可を受けず産業廃棄物を収集運搬することはできません。
たとえ処理責任を負う元請からの委託があったとしても、許可を取得していなければ違法となります。
また、許可のない下請に収集運搬を依頼した元請の行為も無許可業者への委託として違法になります。

 

建設業を営む上で、産業廃棄物の適正な処理は避けて通ることはできません。
とりわけ、建設業許可の取得をお考えの事業者におかれては、並行して産業廃棄物収集運搬業許可取得を検討する必要性は高いといえます。

 

ここでは、産業廃棄物収集運搬業許可の概要と兵庫県内を営業範囲とする許可取得について紹介してまいります。

 

産業廃棄物について

産業廃棄物とは、事業活動により発生した廃棄物のことです。法令により20種類に分類され、それ以外は、一般廃棄物になります。代表的なものとして日々の家庭ゴミが該当します。

 

しかし、事業活動より発生した廃棄物であっても、紙くず、木くずなど7品目は、排出元が特定の業種に限定されているため、産業廃棄物に該当しない場合があります。
代表的なものとして紙くずがあげられます。一般的なオフィスビルからでる紙くずは、事業活動により発生したものですが、建設業でもパルプ等の製造業でもないため一般廃棄物になるのです。
これら一般廃棄物は市町村の責任において処理されています。

 

また、産業廃棄物20種類のうち、人の健康や環境に被害を与える可能性(爆発性、毒性、感染性)のあるものについては、厳格な管理を必要とするため「特別管理産業廃棄物」として分類されます。

建設業においては、解体工事ででる石綿(アスベスト)が該当します。

 

これらの収集運搬を行うには、通常の収集運搬許可ではできず、別に「特別管理産業廃棄物収集運搬業」許可を取得しておく必要があります。
また、特別管理産業廃棄物収集運搬業許可だけでは通常の産業廃棄物の収集運搬もできません。

 

産業廃棄物収集運搬業許可の種類

許可は、収集運搬する「廃棄物の種類」に加えて「積替え・保管の有無」で4種類に分類されます。

 

 

産業廃棄物収集運搬業
許可の種類

@ 産業廃棄物収集運搬業許可・積替え保管を含まない
A 産業廃棄物収集運搬業許可・積替え保管を含む
B 特別産業廃棄物収集運搬業許可・積替え保管を含まない
C 特別産業廃棄物収集運搬業許可・積替え保管を含む

 

「積替え保管を含む」とは、排出業者から産業廃棄物を収集し、処理業者(中間処理場など)へ運搬する過程において、所定の場所に持ち帰り、別の車両に積み替えたり、一定期間保管することができる許可をいいます。保管施設の設置を要することから、新規の許可要件は難易度の高いものとなります。
「積替え保管を含まない」は、排出業者から収集し、積替え・保管することなく直接処理業者に運搬することができる許可です。一般的に産業廃棄物収集運搬業許可といえば、この許可を指します。

 

申請先(管轄)について

産業廃棄物収集運搬業許可の申請先は、排出元と処分先両方の都道府県知事の許可を取得することが必要です。

 

例えば、
@ 兵庫県内においてのみ排出元から収集し処分先へ運搬する場合は、兵庫県に申請します。

 

A 政令市(神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市)1市内のみで排出元から収集し処分先へ運搬する場合は、それらの場所がある政令市長の許可を、当該「政令市」に申請します。

 

B 排出元と処分先の都道府県が異なれば、両自治体の許可が必要です。

 

排出元(積込み場所) 処分先(積降し場所) 申請する自治体
     @ 兵庫県神戸市 兵庫県姫路市 兵庫県
     A 兵庫県姫路市 兵庫県姫路市 姫路市
     B 兵庫県神戸市 大阪府豊中市 兵庫県・大阪府

姫路市の許可を取得しているが、あらたに県内の他の市町でも収集運搬業を行いたい場合は、兵庫県の許可を取得する必要があります。

 

申請にあたっては、事業計画書を策定し、どのような種類の廃棄物を、どの都道府県・市の排出業者から収集し、どこの処分業者に運搬する予定であるのかを明らかにする必要があります。

トップへ戻る