公正証書遺言、遺産相続、任意後見、許認可の取得のことなら加古川の行政書士 アイオ事務所へ

行政書士の守秘義務について

行政書士には、行政書士法第12条及び第19条-3の規定により、ご依頼者やご相談者の秘密を守る義務が課せられています。

 

もしこれらの義務に違反し、業務上知りえた秘密を外部に漏らすようなことがあれば、同法22条によって刑罰が科せられます。

 

当事務所は、法令を遵守し、お客様の個人情報、秘密の守秘に万全を尽くします。
また、これらの守秘義務は、行政書士でなくなった後も継続していきますので、ご安心ください。

 

 行政書士法

第12条 

 

(秘密を守る義務)

 

行政書士は、正当な理由なく、その業務上取り扱った事項について知りえた秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、同様とする。

 

第19条-3 

 

(行政書士の使用人等の秘密を守る義務)

 

行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者でなくなつた後も、また同様とする。

 

第22条 

 

(秘密を守る義務に違反した場合 )

 

第12条の規定(秘密を守る義務)に違反した者は、1年以下の懲役又は100万以下の罰金に処する。
2 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

 

トップへ戻る