公正証書遺言、遺産相続、任意後見、許認可の取得のことなら加古川の行政書士 アイオ事務所へ 

相続手続記事一覧

遺産分割協議とは、相続人全員で「被相続人の遺産をどのように分配するのか」を決める話合いのことをいいます。分配内容や方法は、相続人全員の合意があれば自由に決めることが可能です。遺言書が残されていない場合は、相続手続きをする前に、遺産分割の話合いが必要になります。そして、その協議で合意した内容を文書にしたものが「遺産分割協議書」です。遺産分割協議書は、各種の相続手続きで必要とされ、さらには、すべての相...

相続人を確定するための戸籍調査は、遺産分割協議やその後の相続手続のために、必ず必要となる重要な作業です。「相続人は誰なのか」、戸籍を出生まで遡り、客観的に相続人を確定する必要があるためです。また、遺言書を作成するときにも、あらかじめ遺言者の推定相続人の調査が行われています。取得した戸籍謄本は、後の相続手続きにおいて使用することができます。(一部は要再取得)相続人調査はなぜ必要なのか?被相続人(亡く...

トップへ戻る